/

この記事は会員限定です

「民事不介入」に再考迫る 警察に放置された訴え

平成と事件~桶川ストーカー事件(1999年)

[有料会員限定]

「民事不介入だから、男女の問題に警察は手を出せない」――。捜査当局の常識に再考を迫り、ストーカー行為を罰する法律が制定される契機になった。あまりに悲痛な事件だった。

別れた元交際相手に脅迫され、切迫した危険を感じていた女子大生が、買い物客などでにぎわう埼玉県桶川市のJR桶川駅前で刺殺された。ちょうど20年前、1999年の10月のことだ。

事件に先立つ同年7月。「この顔にピンときたら要注意、男を食...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り932文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン