接触事故後に急加速、気が動転か 池袋暴走

2019/4/21 18:03
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京都豊島区東池袋で乗用車が暴走し10人が死傷した事故で、暴走した車は道路脇のガードポールに接触した後に急加速し、歩行者らがいる横断歩道へ突っ込んだことが21日、捜査関係者への取材で分かった。警視庁は運転していた飯塚幸三さん(87)が接触事故を起こして気が動転し、運転操作を誤った疑いがあるとみて調べる。

捜査関係者によると、飯塚さんの車は19日午後、左カーブから事故現場となった直線道路に進入し、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]