2019年5月21日(火)

スリランカ8カ所爆発、200人死亡 政府、テロとみて捜査

南西ア・オセアニア
2019/4/21 16:48 (2019/4/22 0:16更新)
保存
共有
印刷
その他

【ニューデリー=黒沼勇史】インド洋の島国スリランカ各地で21日、3つの教会と3つのホテルなど計8カ所で爆発があり、ロイター通信などによると、外国人を含む207人が死亡し、460人近くが負傷した。この日はキリストの復活を祝う復活祭(イースター)に当たる。同国で少数派のキリスト教徒や、観光で訪れた外国人を狙った可能性が浮上しており、同国政府はテロとみて捜査している。

スリランカのネゴンボで爆発が起きた教会(21日)=ロイター

スリランカのネゴンボで爆発が起きた教会(21日)=ロイター

日本外務省は21日、この爆発で日本人数人が負傷し、うち1人が重傷との情報があると明らかにした。けがの程度など詳しい状況を確認している。日本政府は同日、首相官邸の危機管理センターに情報連絡室を設置した。

ウィクラマシンハ首相は21日、自身のツイッターで「人々に対する卑劣な襲撃を強く非難する」とする声明を出し、爆発がテロ行為という認識を示した。ロイター通信は一連の爆発に関与したとして、警察当局が7人を拘束したと報じた。

最初の爆発が起きたのは同日現地時間午前8時半(日本時間正午)ごろ。最大都市コロンボにある「シャングリラ」「キングスベリー」「シナモン・グランド」の3つの五つ星ホテルと、東部バティカロアや西部ネゴンボなどにある3つの教会でほぼ同時刻に爆発があった。その後、コロンボ近郊の動物園などでも爆破が確認された。

現地メディアには、犠牲者のうち外国人が少なくとも35人に及ぶとの報道も出ている。

現地時間21日夜時点で、犯行声明は出ていない。スリランカでは1970年代に結成されたタミル人過激派組織「タミル・イーラム解放のトラ(LTTE)」と、仏教徒中心の多数派シンハラ人の間で抗争が続き、90年代に大統領が爆弾テロの犠牲になるなど治安が悪化した。その後、2009年にLTTEが敗北宣言し、ラジャパクサ前大統領が内戦終結を宣言していた。

現地では「周到に準備されたテロ」(現地ジャーナリスト)との見方が強まっているが、スリランカではキリスト教徒を狙った大規模なテロは珍しく、現地警察が爆発の背後関係を調べ始めている。

スリランカの最大都市コロンボで、爆発があったシャングリラホテル(21日)=AP

スリランカの最大都市コロンボで、爆発があったシャングリラホテル(21日)=AP

爆発があった教会前で警戒に当たる兵士ら(21日、コロンボ)=AP

爆発があった教会前で警戒に当たる兵士ら(21日、コロンボ)=AP

21日、スリランカの最大都市コロンボで爆発が起きた教会の内部=ゲッティ共同

21日、スリランカの最大都市コロンボで爆発が起きた教会の内部=ゲッティ共同

コロンボで犠牲者の死を嘆く親族(21日)=ロイター

コロンボで犠牲者の死を嘆く親族(21日)=ロイター

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報