2019年5月25日(土)

G20通訳ボランティア始動 大阪、大学生ら事前研修

関西
2019/4/21 0:05
保存
共有
印刷
その他

大阪市で6月28、29日に予定されている20カ国・地域(G20)首脳会議を控え、会場で外国人の通訳をする学生ボランティアの事前研修会が20日、同市内で初めて開かれた。

G20で通訳をする学生ボランティアの事前研修会(20日午前、大阪市)=共同

大阪府や大阪市、経済界などでつくる「G20大阪サミット関西推進協力協議会」が主催。大阪府や和歌山県の各大学から、推薦を受けた34人が参加した。

吉田真治事務局長は「今回はみなさんにとっても世界を身近に感じる機会になる。関西の魅力を実感してもらう最前線を担ってほしい」と呼び掛けた。

学生らは会場内に設置される関西の観光や産業に関する情報発信ブースでの英語通訳を担当する予定。

参加した大阪府豊中市の女子大学生(21)は「最初は漠然としたイメージしかなかったが、身が引き締まる思い。和食のような日本の繊細な一面を伝えていきたい」と話した。

首脳会議は大阪湾の人工島・咲洲で開催され、37の国や国際機関が参加、約3万人が訪れる見通し。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報