2019年5月24日(金)

その他スポーツ

金戸、緊張乗り越え世界水泳代表へ 女子高飛び込み

2019/4/20 23:45
保存
共有
印刷
その他

 飛び込みの国際大会代表選考会を兼ねた日本室内選手権は20日、東京辰巳国際水泳場で第2日が行われ、女子高飛び込みは金戸凜(セントラルスポーツ)が362・40点で日本水連が定める選考基準を突破して優勝し、2位の荒井祭里(JSS宝塚)とともに世界選手権(7月・韓国)代表入りを確実にした。
 男子3メートル板飛び込みは38歳の寺内健(ミキハウス)が446・90点で優勝。坂井丞(同)は2位だった。
 世界選手権代表は23日に正式に決まる。

女子高飛び込みで優勝した金戸凜=共同

女子高飛び込みで優勝した金戸凜=共同

決勝12人中最も難易度の高い攻めの演技構成を、15歳の金戸はやすやすと飛んでみせた。予選で失敗した2本目の「後ろ宙返り3回半」で入水をきれいに決めると、5本全てで70点を超える高得点。「点数もベスト。本当にうれしい」と満面の笑顔を見せた。

先月の国際大会では足が震えるほどの緊張に襲われた。だが、この日は本番前に父・恵太コーチから「足が震えるのを楽しめ」と声をかけられ、「前回の反省を生かせた」。世界選手権で入賞すれば祖父母・両親に続く五輪出場が決まる。「まだ完璧じゃない。もっと点を伸ばしたい」と表情を引き締めた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

準々決勝、マレーシア戦でプレーする男子ダブルスの園田(右)、嘉村組(24日、南寧)=共同

 【南寧(中国)=共同】男女混合の団体戦で争うバドミントンの国・地域別対抗戦、スディルマン杯は24日、中国の南寧で準々決勝が行われ、初優勝を目指す日本はマレーシアを3―0で下し、3大会連続の4強入りを …続き (16:50)

記者会見後、ポーズをとるTM軽井沢の(左から)両角友佑、岩井真幸、両角公佑、宿谷涼太郎(24日、長野県軽井沢町)=共同

 平昌冬季五輪のカーリング男子日本代表でスキップを務めた両角友佑、弟の公佑らが24日、長野県軽井沢町で記者会見し、新チーム「TM軽井沢」の発足を発表した。18年世界選手権に出場した岩井真幸と宿谷涼太郎 …続き (16:24)

バックス戦でシュートするラプターズのレナード(23日、ミルウォーキー)=USA TODAY

 【ニューヨーク=共同】米プロバスケットボールNBAのプレーオフ、東カンファレンス決勝(7回戦制)は23日、ミルウォーキーで第5戦が行われ、ラプターズがバックスを105―99で下し、3勝2敗で突破まで …続き (15:15)

ハイライト・スポーツ

[PR]