2019年5月21日(火)

ラグビー

ラグビー日本代表候補、選手主導も多彩な攻めで快勝

2019/4/20 20:45
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ハーフタイム、待ち人は来なかった。日本のジョセフヘッドコーチ(HC)はロッカールームに向かわず、貴重な話し合いの時間を選手に委ねた理由を語る。「リーダー陣が試合をいい形で締められるか試したかった」

選手の主体性を育むための新たなレッスンである。リーダーの一人、プロップ稲垣は担当のスクラムなどの戦況を確認した後、「これからメンバーがどんどん替わるけど、試合の流れを理解して勢いを加速させよう」と呼び…

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

ラグビー 一覧

 スピード、フィジカル、連携。完敗だった。5月12日にオーストラリアのキャンベラで行われたスーパーラグビー(SR)の試合で、日本代表候補11人を起用したサンウルブズは地元の強豪に0対33で敗れた。それ …続き (1:00)

 9月にラグビーワールドカップ(W杯)日本大会の開幕を控え、大会組織委員会の幹部は早くも安堵の笑みを見せる。「赤字の懸念は消え、黒字が出そうだ」。2019年3月時点でチケット収入の見込みは290億円。 …続き (20日 1:00)

強化試合の後半、突進する姫野(17日、メルボルン)=共同

 【メルボルン=共同】オーストラリア遠征中のラグビー日本代表候補は17日、メルボルンでスーパーラグビー(SR)のレベルズ(オーストラリア)下部チームと強化試合で対戦し、39―12で勝ち、春シーズンの強 …続き (17日 20:26)

ハイライト・スポーツ

[PR]