サッカー

攻めの形がつくれない浦和 守りに徹しPKで辛勝

2019/4/20 20:15
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

浦和はもう、前への出て行き方を忘れてしまったのだろうか。筋肉が使わないと衰えるように、浦和の攻めるパワーはか細く、しぼんでいる。

本拠地を埋めた5万4千人の観衆は、愛するチームが自陣前でひたすら耐え忍ぶ姿を飽きるほどみせられることになった。10分に早々とリードしたから無理に攻めなくてよかった事情はある。守ること自体がネガティブなわけでもない。いい守備からのいい攻撃は上策で、「まず守る」は現チーム…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

 明治安田J1第29節第1日(18日・サンプロアルウィンほか=3試合)首位鹿島は17位の松本と1―1で引き分けた。勝ち点は56。C大阪は柿谷のゴールで札幌を1―0で下し、同49とした。大分は浦和に1― …続き (22:11)

浦和―大分 前半、競り合う浦和・マウリシオ(左)と大分・後藤(18日、埼玉スタジアム)=共同

【大分1―0浦和】大分が0―0で迎えた試合終了間際の得点で競り勝った。素早いカウンターで左サイドを突破し、左クロスにフリーで走り込んだ後藤が頭で合わせてネットを揺らした。浦和は後半は攻め立てたが、決め …続き (22:02)

 書店などを経営するブックエース(水戸市)は20~22日、サッカーJ2水戸ホーリーホックの応援キャンペーンを展開する。対象店舗で共通ポイントカード「Tカード」を提示して買い物した場合、売上額の1%をJ …続き (19:20)

ハイライト・スポーツ

[PR]