若者がはまる0%ビーフ 「植物肉」が味な進化

日経産業新聞
2019/4/22 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

肉の代替となる植物由来の「大豆ミート」が脚光を浴びている。米国のスタートアップ企業、日本の老舗企業などが本物の肉に近い味や食感を実現した。テクノロジーの進化が「第3の波」と呼ばれるブームを起こしている。健康食ではなく、若者を中心に一般の食事として味わっている。食肉産業全体と比べると市場はまだ小粒だが、世界の食ビジネスを変貌させる可能性を秘める。

■ジョークではなかった……

エープリルフールのジョー…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]