就活中のセクハラ被害相次ぐ 企業・大学、対策急ぐ

2019/4/20 10:13
保存
共有
印刷
その他

就職活動中の大学生が企業の社員から受ける「就活セクハラ」の被害が相次ぎ、企業や大学が対策を急いでいる。リクルーターやスマートフォンのOB訪問マッチングアプリが普及するなか、大学生と社員が一対一で接する機会が増えているためだ。専門家は「被害に遭っても泣き寝入りした大学生も少なくないだろう。企業側の意識改革が急務だ」と指摘する。

「しつこく連絡が来る」。今年1月、東京都内の私立大のキャリアセンターに…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]