/

この記事は会員限定です

F35A事故、米が機密維持へ深海捜索 青森沖に船派遣

[有料会員限定]

【ワシントン=三木理恵子】岩屋毅防衛相は19日午後(日本時間20日未明)、シャナハン米国防長官代行と米国防総省で会談した。両氏は青森県沖の太平洋上に墜落した最新鋭ステルス戦闘機F35Aの事故に関し、機体の捜索と原因究明に向けた協力で一致した。岩屋氏は会談後、米側が事故現場の海域に深海捜索船を派遣すると記者団に述べた。

シャナハン氏は「我々は事故原因の究明作業を支援している。日本が主体でやっている...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り414文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン