/

この記事は会員限定です

外資VC、投資額5年で4倍 日本で存在感

[有料会員限定]

外資系のベンチャーキャピタル(VC)が日本で投資を増やしている。2018年の投資額は5年前の4倍に急増し、新ファンドの設立も相次いでいる。大胆な投資や目先の利益を追わずに長期の成長を促す手法が成果をあげつつある。VC産業が発展している米国流をベースにしながら、日本市場への適応を進めている。

米のノウハウ活用

「日本でまだ浸透していなかった企業向けソフトの継続課金ビジネスの立ち上げを支えてくれた」。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1497文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン