2019年5月27日(月)

プロ野球

好投ようやく報われた 千賀、スケールアップの初勝利

2019/4/19 23:31
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

三回の先制点の後、入りそうで入らない追加点と度重なる味方の失策。嫌な流れも西武の強力打線も、ソフトバンクの千賀はねじ伏せた。

【19日のプロ野球 結果と戦評】

最速159キロの剛球が初回からうなりを上げた。代名詞のフォークボールに頼るまでもなく、高めの速球で押しまくる。三回、うるさい源田と金子侑をともに158キロで連続三振。四回には4番山川を内角に沈み込む151キロのツーシームで空振り三振に仕留め…

プロ野球コラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

八回、重信の犠飛で勝ち越しの生還を果たす巨人の岡本(右)=時事

 広島の大型連勝を止めるのは一筋縄ではいかなかった。ましてや終盤にヤマ場がやってくる紙一重の展開。巨人・原監督が語る「ギリギリのところでの勝負」で明暗を分けたのは、イチかバチか、ギャンブル的な要素だっ …続き (26日 23:53)

右越えに先頭打者本塁打を放つ近本(26日、横浜)=共同

【中日10―8ヤクルト】中日が打撃戦を制し、3連勝。五回に高橋の2点打で追い付き、モヤの3ランで勝ち越した。高橋、2ホームランの堂上とも3打点。小熊が今季初勝利で鈴木博は14セーブ目。ヤクルトは三回の …続き (26日 21:57更新)

8回途中4失点で4勝目を挙げた広島・ジョンソン=共同

 広島の連勝街道が始まったのはジョンソンが白星を挙げた11日のDeNA戦から。そこから先発ローテーションはぐるりぐるりと2回転。三たび先発マウンドに上がったジョンソンが八回途中を4失点にまとめ、チーム …続き (25日 21:08)

ハイライト・スポーツ

[PR]