2019年6月18日(火)
スポーツ > サッカー > 記事

サッカー

ボールは川崎にあらがえない

2019/4/19 23:22
保存
共有
印刷
その他

川崎はボールと戯れ、湘南はボールのないところで汗をかく。尋常に立ち合えばまず川崎の勝ちとなるところを、湘南は粘っこく守ってゲリラ戦に持ちこんで、毎度いい勝負になっていた。

【FC東京が広島に勝ち首位 J1、川崎は2連勝】

だが、そういうファイトスタイルに湘南の曺貴裁監督は飽き足りないものを感じていたようだ。「ボールを相手に渡して守る時間を長くして、少ないチャンスをものにするという戦い方だけだと、やれることに限界がある」と。

技比べでも川崎に譲りたくない監督の号令一下、序盤は湘南が断然優勢だった。ところが「イージーなプレゼントパス」(曺監督)がいくつか出たことでそれもすぐに下火になり、ボールはいつのまにか川崎の管轄するところとなった。

ボールが川崎の足元にいたいと願ったかのように、川崎はボールと戯れ、湘南はボールのないところで汗をかいた=共同

ボールが川崎の足元にいたいと願ったかのように、川崎はボールと戯れ、湘南はボールのないところで汗をかいた=共同

川崎は中村憲、守田、谷口らが負傷でいなかった。それでも家長、大島、阿部が触れると、ボールはあらがうことをやめてしまう。ボールが彼らの足元にいたいと願っているようなのだ、まことに不公平なことながら。

先制点は21分。GKの頭越しにアーチをかけた阿部のために、胸でボールを落としたのが右SB馬渡だった。帰陣に備えるべきSBが、敵陣深くで相手CBを背負いながら味方の縦パスを「シュートを打ってやろうと狙って」(馬渡)胸で受けたこと。それ自体が前半の形勢を物語っていた。

曺貴裁は東京五輪世代の杉岡、斉藤の名をあげて「あれだけボールを相手に渡していては」と嘆いていた。ひたむきに走って、川崎を苦しめることはできる。それと「川崎のようになる」ことはまるきり違うということか。(阿刀田寛)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

前半、先制ゴールを決められるGK大迫敬(右端)ら=共同共同

 南米勢の中でチリといえば、ハードワークの権化という印象があるが、代表戦初出場が6人もいる日本が相手だと、違う一面をのぞかせた。日本の「若い」攻撃を受けとめつつ、着実に急所を突いて得点を積み重ねていく …続き (6/18)

日本―チリ 後半、2点目を奪われ厳しい表情の久保建=21(17日、サンパウロ)=共同共同

 【サンパウロ=共同】サッカーの南米選手権第4日は17日、サンパウロで1次リーグC組第1戦が行われ、招待参加している日本は3大会連続の優勝を目指すチリに0―4で完敗した。
 東京五輪世代の若手主体で臨む …続き (6/18)

 【ニース(フランス)=共同】サッカーの女子ワールドカップ(W杯)フランス大会第11日は17日、各地で1次リーグ最終戦が行われ、A組でフランスがナイジェリアに1―0で勝ち、勝ち点9の同組1位で1次リー …続き (6/18)

ハイライト・スポーツ

[PR]