任天堂、中国攻略へ3度目の正直 「スイッチ」投入

2019/4/19 22:57
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

任天堂が主力の家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」を中国で販売する。中国のネットサービス大手の騰訊控股(テンセント)と組み、世界最大のゲーム市場に再参入する。任天堂は過去にも「ニンテンドーDS」などのゲーム機を投入してきたが軌道に乗らず、ここ数年は中国での事業がほぼストップしていた。テンセントとのタッグで「三度目の正直」を目指す。

「テンセントは今こそゲーム機に投資すべきだ」。19日、テンセン…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]