/

この記事は会員限定です

トランプ氏「今すぐ辞表を」 捜査介入、何度も

[有料会員限定]

【ワシントン=中村亮】米司法省が18日公表したロシア疑惑の捜査報告書では、トランプ大統領がモラー特別検察官の任命に動揺し、捜査介入を繰り返し試みた実態が明らかになった。モラー氏は捜査妨害を疑わせる10の行為を挙げて迫ったが、「現職大統領は起訴できない」とする司法省の規定にも阻まれ、刑事責任を問うには至らなかった。疑惑を巡る攻防は司法から議会へ舞台を移す。

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1692文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン