2019年6月26日(水)

日本の農協、アジアに「輸出」 政府とJA全中が協定

経済
政治
東南アジア
2019/4/20 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府は全国農業協同組合中央会(JA全中)と組み、アジアの途上国に日本の地域農協のような共同組織づくりの支援に乗り出す。農産物の共同出荷や資材の共同購入で業務効率化を促す。日本型農業を学んだ外国人材を人手不足の日本の農業現場で雇用する道も開く。農協の「輸出」を新たな外交ツールとして育て、成長力の大きい途上国との関係を強化する。

途上国の開発支援は中国が台頭している。日本が得意としてきた橋や道路の建…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報