/

小池一夫さんが死去、「子連れ狼」原作者

映画やドラマになった漫画「子連れ狼(おおかみ)」などで知られる漫画原作者、小池一夫(こいけ・かずお、本名=俵谷星舟=たわらや・せいしゅう)さんが4月17日、肺炎のため死去した。82歳だった。告別式は近親者で行った。

小池一夫さん

秋田県出身。時代小説家の山手樹一郎氏に師事した後独立。劇画家の小島剛夕氏と組み、1970年から連載を始めた「子連れ狼」は映画やテレビドラマなどとなり一大ブームを巻き起こし、世界中で翻訳・出版された。

77年に「小池一夫劇画村塾」を開き、2000年からは大阪芸術大教授を務めるなど、若手漫画家の育成に努めた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン