2019年5月25日(土)

国際ビジネス紛争 日本人学生なぜ苦戦
模擬仲裁大会、上位に中韓

法務インサイド
法務・ガバナンス
2019/4/24 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

世界で稼ぐ日本企業にとって、トラブルに見舞われても落ち着いて対処できる優秀な人材はできるだけ多く抱えておきたい。英語に堪能で国際商取引に通じたグローバル人材の育成に早稲田大学、同志社大学といった大学が力を入れてきた。だが各国から精鋭が集まる国際的な模擬仲裁の大会で、日本勢が予選を突破できない状況が続いている。英語を母国語としない韓国や中国といったアジアの大学が上位に食い込むなかで、日本の大学が後…

神戸大は東京都内でもオンラインで講義を受けられるようにしている

国際的な法務人材 育てる[有料会員限定]

2019/4/1付
18年11月設立の京都国際調停センターは同時通訳設備を整備(京都市上京区)

司法インフラ、海外に見劣り 国際仲裁いつもアウェー[有料会員限定]

2019/1/20 17:00

ビジネス重視の養成を[有料会員限定]

2019/2/4付
シンガポールの国際仲裁の専用施設

国際仲裁「素通り」の日本 拠点整備でも人材が不足[有料会員限定]

2018/11/2 7:55

東京都、国際仲裁拠点誘致へ 企業間の紛争解決[有料会員限定]

2018/10/31 0:00

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報