/

この記事は会員限定です

タコ、輸入価格2割下落 昨年最高値で産地在庫増

[有料会員限定]

タコの卸値が下落した。スーパーや回転ずしに並ぶ冷凍品の輸入価格は、過去最高値をつけた前年同期と比べ2割安い。主力のアフリカ産の漁獲量はあまり増えていないが、前年が買い付けできないほどの「異常な高値」(大手水産商社)だったため、産地で在庫が積み上がり値下がりにつながった。タコの消費が増える初夏に向けてすでに価格を引き下げた小売店もある。

日本のタコの年間消費量は約10万トン。6割強が輸入品で、多くが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り871文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン