/

この記事は会員限定です

台湾IT、中国離れ 米中摩擦で顧客が中国製敬遠

地元回帰や東南アジアに移管

[有料会員限定]

【台北=伊原健作】台湾のIT(情報技術)機器メーカーが中国大陸から生産拠点を移転する動きを加速している。データセンターに使う通信機器などを台湾や東南アジアへ移す企業が相次ぐ。中国の人件費上昇に直面していたところに、米中摩擦で米国の顧客が中国製機器の採用見直しに動いたためだ。中国を「世界の工場」に押し上げた台湾勢の転換は世界的なサプライチェーン(供給網)の再編の兆しと言えるが、中国が阻止に動く可能性...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1377文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン