/

この記事は会員限定です

仙台市中心部の大型店、ハレの日消費取り込み

[有料会員限定]

ゴールデンウイーク(GW)10連休と「令和」への改元で消費意欲が高まることを見込み、仙台市中心部の大型店では「ハレの日」の需要を取り込む動きが活発だ。改元にちなんだ商品や帰省客向けのお土産を拡充したり、駅ビルやファッションビル、百貨店が4館合同でキャンペーンを実施したりするなど中心地での顧客の周遊を狙う。

仙台三越は改元祝いや帰省で親族がそろった特別な席に祝い膳や、金箔で巻いたすしなどを販売する。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り827文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン