都、30年までの長期計画策定に着手

2019/4/19 20:30
保存
共有
印刷
その他

東京都は19日、2030年までの政策目標と政策展開をまとめる長期計画の策定に着手した。都内でも人口減少や少子高齢化が深刻になる40年代の姿を想定し、逆算して道筋を考える手法を採る。8月をめどに論点を整理する。

小池百合子知事は副知事や関係局長を集めた第1回の長期計画策定会議に出席し、将来的な都内の人口動態にふれ「これまでの長期計画の策定とは違った環境だ」と強調した。さらに「持続的な成長と成熟社会がキーワードになる」として「想像力を働かせて議論してほしい」と述べた。

都民や都内の市区町村の考えをよく聞き取るよう指示した。国連の掲げる「持続可能な開発目標(SDGs)」にも目配りを求めた。

これまで都は20年に向けた実行プランを策定し、実施している。今回の計画はプランの柱だった「3つのシティ」などがベースになる。小池氏は「20年が終わってから25年、30~40年を考えても遅すぎる」と策定の意図を説明した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]