2019年6月19日(水)

エアビーの民泊予約でTポイント付与

ネット・IT
サービス・食品
2019/4/19 19:35
保存
共有
印刷
その他

民泊仲介世界最大手の米エアビーアンドビーは19日、宿泊施設の予約で共通ポイント「Tポイント」をためられるようにすると発表した。エアビーとカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)傘下のTポイント・ジャパン(東京・渋谷)が提携した。CCCは「TSUTAYA」などの店頭にエアビーのコーナーを設けるなどしてきたが、さらに踏み込んで利用者を開拓する。

宿泊施設の予約でTポイントがためられる

エアビー上の宿泊先の予約代金200円(税別)につき、1ポイントを付与する。ためたポイントは現状ではエアビー上で使えず、コンビニエンスストアなど100万店で利用できる。エアビーには世界191カ国以上に600万件の宿泊施設が登録されているという。

エアビーとCCCは2016年に事業提携した。これまでTポイント会員の中から宿泊先の貸し手になりそうな人へメールなどで販促をしたり、鍵の受け渡し代行サービスを「蔦屋書店」で提供したりしている。

エアビーが仲介サイトに載せている日本国内の物件数は2月16日時点で4万1千件。18年2月に6万2千件と過去最多を記録したが、同年6月の住宅宿泊事業法(民泊新法)施行を機に無届け施設を削除し、激減した。その後は届け出物件などの登録が進み、ピーク時の6割強の水準まで回復した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報