/

この記事は会員限定です

[社説]子供たちをデータ社会に迎えるために

[有料会員限定]

子供たちの個人データが危険にさらされている。小中学生もスマートフォンを普通に持つ時代だ。社会が便利になる一方、子供が犯罪や課金を巡るトラブルに巻き込まれるケースも目立ち始めた。

私たち大人は真剣に解決策を考えなければならない。日本も子供の個人情報を守る仕組みを議論すべきときだろう。家や学校の役割も重要になる。

すでに世界では新たな取り組みが広がる。米連邦取引委員会は2月、動画共有アプリ「TikTo...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り743文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン