[社説]液晶を救えなかった官製再編

2019/4/19 19:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「日の丸液晶」の復活を夢見た官製再編があえなく頓挫した。日立製作所、東芝、ソニー3社の液晶事業を統合して2012年に発足したジャパンディスプレイ(JDI)が台湾・中国企業連合から800億円の支援を仰ぎ、同連合の傘下に入ることになった。

JDIの誕生に深く関与したのが経済産業省と、同省傘下の官民ファンドの産業革新機構(現INCJ)だ。機構は同社発足以来、筆頭株主として経営をリードする立場でもあった…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]