/

熊本支援ワンピース像、本年度に4体 益城や阿蘇など

熊本県は19日、熊本市出身の尾田栄一郎さんが描く人気漫画「ONE PIECE」の「麦わらの一味」のキャラクターで、熊本地震で被災した自治体への設置が決まった像8体のうち、先行して制作し本年度中に公開する4体を発表した。

「ONE PIECE」を連載する集英社の中野博之編集長(左)と覚書を交わした熊本県の蒲島郁夫知事(19日午後、熊本県庁)=共同

キャラクター像は、海賊王を目指す主人公ルフィの仲間たち。震度7の激震を2度観測した益城町の中心部に置く料理人「サンジ」や阿蘇市・JR阿蘇駅前の狙撃手「ウソップ」のほか、熊本市動植物園の船医「チョッパー」や御船町の公園の音楽家「ブルック」を先行制作する。

県は「設置場所の復旧状況や、制作のしやすさを考慮した」としている。残り4体は2020年度に設置予定。

熊本県はこの日、「ONE PIECE」を連載する集英社と覚書を交わし、同社がデザインや技術面で協力し、今後漫画でルフィの仲間が増えた場合には、追加設置を協議するとした。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン