/

この記事は会員限定です

野村HD、止血策では動かぬ「110兆円」

証券部 嶋田有

[有料会員限定]

「そんなに削るのか」――。4月上旬、ある大手証券幹部は絶句した。野村ホールディングスが国内全営業店の2割に当たる30店以上を統廃合する方針を示したからだ。同社の個人向け営業部門は他社から最強と恐れられてきた。野村を業界不動の首位に押し上げた原動力だったが、そんな聖域にも手を入れざるを得ない状況に陥っている。今回、構造改革を示したものの中身はコスト削減の色合いが強い止血策が目立ち、あと1手が欠かせない。

野村は4日、永井...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1206文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン