/

この記事は会員限定です

富士急、データで稼ぐ「顔パス」遊園地

証券部 白壁達久

[有料会員限定]

「入場無料と聞いて、こちらに来ました」。東京都内に住む水田康雄(41歳)さんが4月中旬、小学生の2人の子どもなど家族4人で訪れたのは富士急行が運営する遊園地、富士急ハイランド(山梨県富士吉田市)だ。最初は東京ディズニーリゾート(TDR、千葉県浦安市)に行こうと考えたが、4人の入場料だけで2万円を超える。一方、ハイランドは2018年7月にそれまで大人1500円などとしていた入場料を無料にした。高速代や駐車料...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1164文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン