/

この記事は会員限定です

福岡の英彦山、被災の杉林再生費 ネット公募

福岡銀が仲介、マクアケ活用

[有料会員限定]

古来、修験道の霊場として知られる福岡県添田町の英彦山(ひこさん)神宮が、災害からの復旧にクラウドファンディング(CF)の活用を始める。1991年の台風で被災した登山道の杉林の復活を目指し、年300本の苗木の植樹事業の資金を公募する。民間資金で災害復旧を果たそうとする新たな試みは、税金で賄いきれない公的事業の維持に一石を投じる。

「10年以上、県に相談してきたけどどうにもならなかった」。英彦山神宮の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1107文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン