2019年6月21日(金)

萩生田氏、憲法審の発言「おわびして訂正」 筆頭間協議の中止受け

憲法改正
政治
2019/4/19 15:46
保存
共有
印刷
その他

自民党の萩生田光一幹事長代行は19日、衆参両院の憲法審査会を野党が拒んでも開催すべきだとの認識を示したかのような自らの発言を陳謝した。「野党のみなさんに不快感を与え、協議が成立しない事態になった。率直におわび申し上げ、訂正したい」と語った。

萩生田氏は18日に「新しい『令和』の時代になったらキャンペーンを張り、少しワイルドな憲法審査を進めたい」と発言した。憲法審の与野党の筆頭幹事は18日に会談する予定だったが、野党が萩生田氏の発言に反発して中止した。

萩生田氏は「憲法審査を前に進めてほしいという私の思いとポイントが違った」と述べた。「特定の野党を非難したわけではなく、わが党の話なので撤回はなじまない」と話した。

憲法審は今国会で一度も開かれていない。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報