2019年5月21日(火)

北海道ホタテが原因不明の大量死、輸出戦略に打撃

サービス・食品
中国・台湾
アジアBiz
コラム(地域)
北海道・東北
2019/4/20 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

北海道産ホタテの主産地、道南の噴火湾(内浦湾)でホタテの不漁が深刻化している。養殖中のホタテの原因不明の大量死が全域に広がっているためだ。漁業者や水産加工業者の経営には大打撃で、道が緊急対策に動き出した。ホタテは道産食品の輸出金額トップ。不漁は道の輸出戦略に影を落とし始めている。

「今シーズンのホタテの水揚げは昨シーズンの4割に落ち込む」。長万部漁業協同組合(長万部町)の山中弘春専務理事は困惑を…

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報