/

東京・池袋で歩行者絡む事故 女児含む2人死亡

(更新)

19日午後0時25分ごろ、東京都豊島区東池袋4の都道で乗用車が約100メートル超にわたって暴走し、複数の横断歩道で歩行者や自転車を次々とはねた。警視庁によると同区の松永真菜さん(31)と娘の莉子ちゃん(3)が死亡、乗用車を運転していた無職男性(87)を含む40~90代の男女8人が重軽傷を負った。同庁は自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の疑いで捜査している。

事故現場を調べる警視庁の捜査員ら(19日午後、東京都豊島区)

同庁によると、乗用車のドライブレコーダーには赤信号を無視して横断歩道に突っ込む様子が映っていた。男性は事故後、親族に電話し「アクセルが戻らず人をひいてしまった」と話したという。飲酒や薬の服用はなく、持病も確認されていない。同庁は男性の回復を待って詳しく事情を聴く。

現場は東京メトロ東池袋駅近くの片側2車線の直線道路。車は西から東へ走行中、横断歩道前で停止せずに突っ込み、自転車の男性1人をはねた。さらに減速せずに約70メートル先の交差点に進入し、女性と女児が乗った自転車をはねた。

車はその後、進行方向左側から交差点内に進入したごみ収集車と衝突。弾みでスピンしながら前方の横断歩道へ進み、歩行者4人をはねた。車は反対車線に止まっていたトラックにぶつかって停止した。乗用車に同乗していた男性の80代の妻と、事故で横転したごみ収集車の男性運転手も負傷した。

同庁の調べで、事故現場の交差点から約150メートル手前の道路脇のガードポールには、この車が接触した痕跡があることが分かった。ブレーキ痕は確認されておらず、同庁は遅くともこの時点から車のアクセルが踏み続けられていたとみて調べている。

現場は豊島区役所に近く、人通りが多いエリア。周辺にはオフィスや飲食店などが入ったビルが立ち並んでいる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン