/

258グラムで出生の赤ちゃん退院へ 男児で世界最小、長野

長野県立こども病院(同県安曇野市)は19日、2018年10月に258グラムの男児が誕生し、順調に成長して近く退院する見込みだと発表した。病院側は、元気に退院する男児としては世界最小になるとしている。

成長した竜佑ちゃんを抱く母の関野俊子さん(左)と父の康平さん(19日午前、長野県安曇野市)=共同

体重千グラム未満で生まれる超低出生体重児の救命率は、300グラム未満になると特に低くなるとされる。広間武彦医師は「生まれた直後は血管が細く点滴が難しいなど、治療には困難が伴った。医療の成果が出て大変喜ばしい」と話した。

男児は関野竜佑ちゃんで、母の俊子さんは「生まれた当初は触ったら壊れそうで、どうしていいか分からなかった。病院に丁寧に対応してもらい、日に日に人間らしくなり、うれしく感じている」と語った。

世界の超低出生体重児を記録する米アイオワ大のデータベースによると、これまで男児で世界最小だったのは、慶応大病院で18年に268グラムで生まれた東京都の赤ちゃんだった。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン