2019年7月16日(火)

新茶最高値 1キロ139万円 静岡で初取引

南関東・静岡
2019/4/19 9:06
保存
共有
印刷
その他

新茶シーズンの本格的な幕開けを告げる「新茶初取引」が19日朝、静岡市の静岡茶市場で開かれた。史上最高値をつけた前年を30万円も上回る、1キログラム139万円で売買が成立した。価格の読み方には「平成にサンキュー」の意味が込められているという。大幅に更新された最高値に、取引を見守っていた関係者からは驚きの声が上がった。

取引は午前7時すぎに開始。生産者や問屋らが茶葉を手に取り、そろばんをはじきながら価格交渉した。今年は3月下旬からの冷え込みで平年より生育が遅れ気味で、静岡県内産は前年の10分の1にあたる約1200キログラムの上場にとどまった。

今年は富士宮農業協同組合(JA富士宮)が手摘み・手もみをした新茶1キログラムを139万円で提示。前年に続き、富士宮富士山製茶合同会社(静岡県富士宮市)が買い付けた。同社の土井貴さんは「これを機に茶業が活気づけば」と語った。

新茶は富士宮市の浅間大社に奉納後、市内のイオン店舗で振る舞われる予定だ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。