2019年5月26日(日)

物価、18年度は0.8%上昇 1%割れ10年連続

経済
2019/4/19 9:29
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

総務省が19日に発表した2018年度の消費者物価指数(CPI)は生鮮食品を除く総合指数で0.8%上昇となり、1%を下回った。外食などで値上げが目立ったものの、携帯電話の通信料の低下で打ち消された。19年度は通信料のさらなる引き下げが予想され、幼児保育・教育の無償化も控える。物価を押し下げる要因が大きく、足踏みが続きそうだ。

1%に届かなかったのは10年連続だ。14年度は消費増税の影響を除くと1%…

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報