/

この記事は会員限定です

米中摩擦に鴻海リスク、親中派の郭氏が総統選出馬で

ハイテク集積の台湾、中国寄りに

[有料会員限定]

【台北=伊原健作、中村元】台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業が大きな困難に直面しそうだ。経営トップの郭台銘(テリー・ゴウ)董事長が台湾総統選への出馬を決めた。カリスマ経営者として売上高19兆円の巨大グループを一代で築いた同氏。総統になれば経営から退く必要があり打撃は必至だ。ホンハイだけでなく、親中派の郭氏が台湾トップに就けば米中ハイテク摩擦に影を落とし、火に油を注ぎかねない。

今月9日、郭氏の姿は日本...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2229文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン