/

この記事は会員限定です

iPS、医療応用へ前進 問われる真価

[有料会員限定]

理化学研究所などは18日、iPS細胞から育てた網膜の細胞を目の難病患者5人に移植し、安全性を確認したと発表した。視力低下も抑えた。再生医療の切り札とされるiPS細胞が医療応用へと前進するが、今後は他の病気でも成果が出せるかどうかが試される。iPS細胞ならではの治療効果が問われる。身近な医療技術を目指し、乗り越えるべきハードルはなお高い。

理研は、目の難病「加齢黄斑変性」の患者に他人の細胞から作った...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1023文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン