2019年6月19日(水)

長野県の観光アプリ、タクシー配車と連携

北関東・信越
2019/4/18 20:00
保存
共有
印刷
その他

長野県はスマートフォン(スマホ)向け観光案内アプリ「信州ナビ」を更新し、ジャパンタクシー(東京・千代田)の配車アプリと連携できるようにした。信州ナビで行き先の経路を検索した後、「アプリで配車」というボタンに触れるとタクシーを手配できる仕組みだ。長野市や松本市、軽井沢町など県内タクシー会社12社(計900台強)が対応する。

行き先の経路検索とタクシーの手配ができる

長電バス(長野市)やアルピコ交通(松本市)と連携し、長野市内と松本市内のバスの現在位置を瞬時に把握できる「バスロケーションシステム」も信州ナビに追加した。新たな機能「写真で探す」には観光地の画像を多数掲載。画像を選択すると、公共交通機関を使った行き方が表示される。

県は利用者の匿名情報をビッグデータとして蓄積し、今後の観光・交通施策の立案に役立てていく考えだ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報