2019年7月21日(日)

山田醸造、地元競合避け関東に販路
(老舗の研究 持続の秘訣)

2019/4/18 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

山田醸造(新潟市)は味噌や醤油(しょうゆ)の製造・販売を100年以上続けている。新潟県内の同業者との競合を避けるため、いち早く関東に販路を広げ、現在の営業基盤を確立した。伝統の発酵文化の伝承にも力を入れている。

創業は1891年。山田家10代目の弥惣治(やそうじ)が醤油製造を始め、蔵元山田屋を創業したのがルーツだ。長年の弥惣治襲名はここで終わる。山田屋2代目の忠太郎は当時の葛塚駅(現JR豊栄駅)…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。