/

この記事は会員限定です

山田醸造、地元競合避け関東に販路

(老舗の研究 持続の秘訣)

[有料会員限定]

山田醸造(新潟市)は味噌や醤油(しょうゆ)の製造・販売を100年以上続けている。新潟県内の同業者との競合を避けるため、いち早く関東に販路を広げ、現在の営業基盤を確立した。伝統の発酵文化の伝承にも力を入れている。

創業は1891年。山田家10代目の弥惣治(やそうじ)が醤油製造を始め、蔵元山田屋を創業したのがルーツだ。長年の弥惣治襲名はここで終わる。山田屋2代目の忠太郎は当時の葛塚駅(現JR豊栄駅)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り915文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン