2019年7月17日(水)

新千歳-シドニー線、19年12月就航 12年ぶり豪州定期便

サービス・食品
2019/4/18 20:00
保存
共有
印刷
その他

オーストラリアのカンタス航空は、北海道とオーストラリアを結ぶ12年ぶりの定期直行便となる新千歳―シドニー線を12月~2020年3月に運航する。ニセコをはじめとする道内のスキーリゾートを訪れる外国人客の利用を見込む。新千歳と豪州を結ぶ定期便は同社が07年に新千歳―ケアンズ線を休止して以来。

運航は12月16日~20年3月28日の月・水・土曜の週3往復。エアバスA330型機(251席)を使い、期間中に約1万席を提供する予定だ。運航時間はおよそ11時間。運賃は片道8万9千円から。

新千歳空港発着の国際線は、近年はソウルや北京、上海、バンコクなどアジアが中心だった。12月からは同じ期間にフィンランドの首都のヘルシンキと新千歳を結ぶ直行便をフィンランド航空が週2往復運航する。

欧州路線の就航はKLMオランダ航空が02年にアムステルダム線から撤退して以来17年ぶりで、アジア以外の都市との就航が相次いでいる。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。