房総信組、相続信託の代理店に

2019/4/18 20:27
保存
共有
印刷
その他

房総信用組合(千葉県茂原市)はオリックス銀行と信託契約代理店の業務委託契約を結んだ。オリックス銀の信組業界向け商品である「しんくみ相続信託」の取り扱いを始め、増加が予想される相続関連の需要を取り込む。

「しんくみ相続信託」はオリックス銀と全国信用協同組合連合会が共同で開発した。オリックス銀に同商品を使って金銭を信託する際、妻や子などを受取人に指定し、申込人が死亡した場合、受取人が全額を一括で受け取る仕組み。同商品を利用することにより、顧客は受取人を決定する際に遺言書を作成する必要がなくなるほか、相続発生時の手続きも同信組の窓口での簡単な手続きで完了できる。

県内信組でオリックス銀と業務委託契約を結ぶのは君津信用組合(木更津市)、銚子商工信用組合(銚子市)に次いで3例目。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]