2019年5月21日(火)

小田急、電力とガスの小売りに参入 沿線中心に販売

環境エネ・素材
南関東・静岡
2019/4/18 20:00
保存
共有
印刷
その他

小田急電鉄は電力と都市ガスの小売事業に参入した。「小田急でんき」「小田急ガス」のサービス名で、地域最安値級の価格水準や小田急グループが展開するポイントサービスとの連携などをアピールし、沿線を中心に加入を呼びかける。電力小売りでは初年度は4万件の契約を目指す。

新電力のイーネットワークシステムズ(東京・目黒)と連携し、東京電力や東京ガスのサービス地域で提供する。小田急線の車内や駅などでサービスを紹介し、加入を呼びかける方針だ。

小田急でんきは料金体系が単身、家族、法人を想定した3種類ある。自宅内の分電盤などの電気設備のトラブル点検や応急措置に24時間態勢で対応する「駆けつけサービス」なども盛り込んだ。小田急ガスは東京ガスの一般料金などの料金体系に比べ、3%割安な価格プランが特徴だという。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報