2019年5月23日(木)

菊川工業、白井の工場内にショールーム

南関東・静岡
2019/4/18 20:51
保存
共有
印刷
その他

建材加工の菊川工業(東京・墨田)は千葉県白井市にある工場の敷地内に、同社で初となる顧客向けショールームを開設した。建築家や施主などに加工・仕上げ技術を実際に見てもらうとともに、新たな技術を提案することで発想を広げてもらう。デザインや製作の検討時間短縮にもつなげる。

ショールーム「Studio K+(スタジオ・ケー・プラス)」は、事務室やサンプル保管用の倉庫として使っていたスペース約100平方メートルを改装し、約100個の金属加工サンプルを展示した。アルミやブロンズなど4種の素材ごとにブースを分け、サンプルにはそれぞれQRコードをつけてタブレット端末で詳細を見られるようにした。実際に金属加工を体験できるコーナーも設けた。展示品は随時入れ替えるほか、企画展示などのイベントも開催する。

宇津野嘉彦社長は「金属の多様性や他素材とのコラボを提案し、新しい発想を生む場所にしたい」と話している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報