/

タカラバイオ、がん免疫治療法で共同研究 三重大と

タカラバイオは18日、次世代のがん免疫治療法「CAR-T(カーティー)」について、三重大学の研究グループと共同研究を開始したと発表した。CAR-Tは異物を排除する「T細胞」と呼ばれる免疫細胞を強化し、がん細胞への攻撃効果を高める方法で、血液がんでの適用が進んでいる。大腸がんなどへの適用を目指し、研究を進めていく。

タカラバイオは三重大の医学系研究科、珠玖(しく)洋特定教授らのグループと共同研究を始めた。タカラバイオはCAR-Tについて、2018年4月に大塚製薬と提携している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン