/

この記事は会員限定です

石油元売り2強、細るスポット市場、元売りに価格主導権

(更新) [有料会員限定]

石油元売り大手の出光興産と昭和シェル石油が4月に経営統合したことで、業界は最大手のJXTGホールディングスとの合計シェア8割を握る2強体制になった。需要見合いでガソリンを生産できる2強は収益確保をしやすくなる。余剰分を取引するスポット(業者間取引)市場が縮小し、価格指標としての存在感が薄れる。2強による価格支配力が強まるのは確実だ。

「元売り2強でガソリンの供給過剰はなくなる」。石油商社の営業担当者は今回の再編後をこう予想する。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り985文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン