登別の「閻魔やきそば」、B級激戦区に緩~く参戦
北海道 食の王国

2019/4/19 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「♪~いい湯だな、ここは北国、登別の湯~♪ 」。郷愁を誘うザ・ドリフターズの歌にも出てくる北海道南部の登別温泉(登別市)には硫黄分で岩が黄色に変色した「地獄谷」もあり、鬼やえんま大王が町おこしのメインキャストだ。市や地元の飲食店が結束して2015年、登別のB級グルメ「登別閻魔やきそば」は生まれた。

どの店でも提供しやすいようにと焼きそばに絞った登別市はローカルルールとして「閻魔大王からの掟」を定…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]