2/20 1:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 「超弱気派」が買う日本株 バフェット指標で警戒[有料会員限定]
  2. 2位: 教育用PC「1人1台」配布 特需でもメーカー踊れず 部品高で[有料会員限定]
  3. 3位: ソフトバンクG、5000億円調達 携帯子会社株を担保に
  4. 4位: マネー、安全資産ドルに集中 肺炎で2年9カ月ぶり高値
  5. 5位: 日銀、綱渡りの資金供給増 迫る国債大量償還に苦慮[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,368,849億円
  • 東証2部 73,901億円
  • ジャスダック 95,867億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.20倍 --
株価収益率15.14倍15.86倍
株式益回り6.60%6.30%
配当利回り1.98% 1.98%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,400.70 +206.90
日経平均先物(円)
大取,20/03月 ※
23,370 +170

[PR]

スクランブル

フォローする

「長所探し」に映る市場の苦悩
証券部 須賀恭平

2019/4/18 17:49
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

18日は日経平均株価が6日ぶりに反落した。相場の上値が重い局面で投資家が注目するのは中小型銘柄の株主還元の動きだ。背景にあるのは東京証券取引所の市場再編案。市場1部への残留を目指して還元を強化するとの思惑がある。市場再編は中小型株にとって逆風のはず。その中でも「長所」を持つ銘柄を見つけて買う動きは、リターンを得にくくなった投資家の苦悩を映し出している。

「最近の上昇は一部の値がさ株に押し上げられ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム