ノートルダム火災、火災報知機誤作動の疑いも

2019/4/18 16:31
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【パリ=白石透冴】パリのノートルダム寺院の火災で、原因の特定には時間がかかるとの見方が出ている。出火元とみられる屋根裏付近は危険でまだ立ち入れず、入っても炎と水による損傷で解析に必要なサンプルが集まるか見通しは立っていない。一方、火災報知機が誤作動した可能性も明らかになり、捜査当局は被害拡大につながった恐れもあるとみて、解析を急いでいる。

捜査当局は18日までに、実施中だった寺院の改修工事の作業…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]