/

LIXILグループの潮田氏、CEOも退任へ

(更新)

LIXILグループは18日、潮田洋一郎会長兼最高経営責任者(CEO)が5月20日付で取締役を辞任すると発表した。潮田氏は6月の株主総会後にCEOも退任する。同社の経営トップ人事を巡る問題で、機関投資家らの株主連合から解任を求められていた。

都内で18日開いた記者会見で潮田氏は「CEOの職は定時株主総会以降は継続しないという考えだ」と述べた。山梨広一社長兼最高執行責任者(COO)も株主総会後に退任する。山梨氏は「定時総会までは取締役、執行役COOともに続ける。仮に総会以降、執行を続けろと言われた場合、執行に専念したいので取締役には残らない」と説明した。

LIXILグループは同日、19年3月期の最終損益(国際会計基準)が530億円の赤字(前の期は545億円の黒字)になったと発表した。従来は15億円の最終黒字を見込んでいたが、業績が低迷するイタリアの建材子会社ペルマスティリーザ社で減損損失などを計上し、一転して赤字になる。

潮田氏は「今回の赤字の一義的な責任は(前CEOの)瀬戸氏にある」と話した。また瀬戸欣哉氏を社長兼CEOに任命したことについて「大変な、最大の失敗だった」と述べ、任命責任を取り、取締役を辞任するとした。

LIXILグループを巡っては、18年10月に発表した瀬戸氏が社長兼CEOを退き、潮田、山梨の両氏がそれぞれCEO、COOに就いた人事について、ガバナンス(企業統治)の不全が指摘されていた。株主連合は潮田氏と山梨氏の解任を求める臨時株主総会の開催を求めていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン