山梨・富士吉田市、ノートルダム寺院再建へ募金活動

2019/4/18 14:49
保存
共有
印刷
その他

山梨県富士吉田市は18日、火災で焼損したパリのノートルダム寺院の再建を支援する募金の受け付けを始めた。同日午後、市役所1階に募金箱を設置した。同市は2020年東京五輪・パラリンピックでフランスのホストタウンとなっている。市企画課は「ホストタウンとして、できるだけの協力をしたい」と話している。

ノートルダム寺院再建のため募金する親子(18日、山梨県富士吉田市)

同様に同国のホストタウンとなっている同県北杜市も同日、市職員による募金を始めた。

ノートルダム寺院については、マクロン仏大統領が「我々は大聖堂を再建する。我々の歴史、文学の場所だ」と強調している。フランスをはじめ世界で寄付や修復への協力表明が相次いでいる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]